上高地季節の頼り

カテゴリ

最近のブログ記事

過去の記事

検索

新着情報を受信する

RSS 2.0

漫画「神の雫」に出たワインがあった!

本日は、2016年2月16日火曜日です。

 

上高地ルミエスタホテル、レストランサービスチーム2016の柳信幸です。

 

皆様、漫画「神の雫」をご覧になられたことがございますか?

 

神の雫

 

究極のワイン読本と言えます。

 

私もほとんど読みましたが、かなり疲れます。

 

「土を食べてワインを見極める」

 

私には意味が分かりません。

 

さて、

 

第9巻で描かれているのがフランスにいる日本人の方です。

 

神の雫2

 

仲田晃司(なかたこうじ)さんです。

 

仲田さんは岡山の出身で大学の時に、

 

東京上野のフランス料理店でアルバイトをしていました。

 

お店の改装の時に、お店の人たちとフランス旅行に行っています。(1995年)

 

その後、

 

何度かのフランス旅行や研修によって「ワイン作り」を目指すことになりました。

 

奥様と「ルー デュモン」というワイン造りの会社を作りました。(2000年)

 

ルーデュモン

 

フランスのブルーゴーニュの話です。

 

 

いえーーー!とうとうブルゴーニュの話でございます!

 

 

仲田さんはワインのネゴシアンという位置づけでした。

 

ネゴシアンと言うのは、自分で畑を持たずにぶどうやワインを買って、

 

素晴らしいワインに仕上げるという業務内容です。

 

 

日本人醸造家として、フランス人が驚くほど細かな点にもこだわった。

 

その結果、仲田さんが作るワインの評価は非常に高いものになりました。

 

そして、仲田さんを有名にしたのが「神の雫」への掲載です。

 

漫画「神の雫」への掲載は、仲田さんは掲載後に知ったようです。(仲田さんの有料ブログより)

 

シャルム シャンベルタン

 

仲田さんが作ったワインのラベルには、天地人という日本語が入っています。

 

ピノ・ノアール

 

ブルゴーニュの赤ワインに使うぶどうは、ピノ・ノアールだけです。(写真)

(ボジョレーのぶどう、ガメー種は例外)

 

あの、ロマネコンティも、ピノノアールだけで造られています。

 

 

お、ちょっと待って!

 

仲田さんが初めてフランスに行ったのが1995年ですか。

 

柳信幸フランス

 

はい、私は1988年にブルゴーニュで研修していました。(私が先輩か)

 

 

この仲田さんが作って、天地人のラベルを張ったワインが、

 

上高地ルミエスタホテルには、3種類9本ございます。

 

すでにネットショップでは「売切れ」となっています。

 

 

信じられないこの事実によだれが落ちます。

 

 

この偉大なワインの詳細は明日にいたします。

 

お楽しみにお待ちください。

 

 

 

上高地ルミエスタホテル(旧上高地清水屋ホテル) (2016年2月16日 08:39)

カテゴリー:レストランだより

  • リピーター専用プランを見る
  • プラン一覧を見る

0263-95-2121 受付時間:9:00~17:00

メールでお問い合わせはこちら

  • 予約確認・変更
  • 予約の取消

会員登録のご案内