新着情報

2017.09.30

山・ある記

山・ある紀~槍穂高~

2017年9月27日西穂高岳より。「あそこまで行きたいっ!」

9月29日槍ヶ岳山頂まで歩いてきました。

2泊3日お休みをいただいて山を歩いてきましたフロント岡です♪
9/27上高地から西穂高に上がって、穂高岳山荘泊
9/28南岳小屋泊
9/29槍ヶ岳、天狗池みて上高地に帰ってきました。

間ノ岳の山頂、どこかなと思っていたらこんなところに表記がありました。

天狗岩をジャンダルム側に少し登ったところから見るとこんな感じでした。

27日は次第に風が強まり、ジャンダルムも奥穂も真っ白の世界
夕方16時頃には天気予報通り雨が降り出しました。。

28日朝、雨そして風。
8時頃まで穂高岳山荘で天気とにらめっこ。
午後から風も雨も弱まるようでしたので、出発。

飛騨側で強風にさらされたり、
風が弱まる涸沢側でホッとしたりを繰り返しつつ北穂小屋に到着。

天気予報通り、11時頃雨が止みましたが
相変わらず白い世界。
北穂小屋でホットコーヒーで温まり、大キレットへ。

「浮石注意~」
「ホッとした時が危ないからね。気を引き締めていこうね」
など声を掛け合いながら下っていると、ふとガスが抜け
目の前に長谷川ピークが現れました。

「うわぉぉぉ~」、「え、どこ歩くと?」などと言っているうちにまた白い世界。

日頃の行いでしょうか(;_;)
今月、私の休みは雨ばっかりでした。
でも、それがよかったのか、
谷の深さにおびえることなく南岳小屋へ到着しました。


夕食を終えて、諦め半分で外に出てみると・・・

あれ!?

星が見えるー!!!

友人に「星見てくる」と言って出てきましたが、
あまりにも帰ってこないので
お酒も入っていたし、寒いしで心配して探しにきてくれました。
友だちごめんなさい。。

お布団に入ったのは3時間ほどたった22時ころでした(^^;
キンキンに冷えてなかなか眠れずでしたが・・・

ふっと目が覚めたのは目覚ましが鳴る前。
まだ暗い。よし星だ!と、再び出かけました。

(目が覚めたら、またいない岡を探してくれた友人、
本当にごめんなさい。ありがとうございます。)

そして見つけた北斗七星いえ、北斗8星★

山小屋の灯りがいい具合で、八つの星の並びの北斗8星に見えませんか?(^^)

9月29日とってもハッピーな一日の始まりとなりました☆

常念岳の上に金星:明けの明星です。

朝陽を浴びる穂高と南岳小屋

これから向かう槍ヶ岳

齋藤たえこの好きな富士山も見えましたよ。

あと少しで大喰岳そして槍ヶ岳!

というところで、
飛騨側からみるみるうちにガスがかかってきました。

そういうわけで、
槍ヶ岳の山頂は真っ白な世界での記念撮影となりました。
でも目的達成。満足です♪

その後、天狗池にも行ってみましたが、想像通り。

ですので槍ヶ岳を想像しつつお昼ごはんを食べました。

表銀座は晴れているものの、なかなか槍ヶ岳の稜線のガスは抜けませんでした。

それにしても天狗原の紅葉は綺麗でした。

下っていると、日差しがさし始めました。まさか、、、

見えました!槍ヶ岳!

後ろ髪をひかれる思いで帰路につきました。


「何日でもいいよって言われたら何日間、山にいたい?」
「次はどこの山行く?」などと道中話しながら帰りました。

「明日同じ道を歩いていいよって言われたら歩く?」
「そしたら、このまま今度は槍ヶ岳から西穂を歩きたいっ」
と答えた、北アルプスの山が好きなフロント岡でした。

本日9月30日晴天。穂高の稜線を感慨深く眺めました。