上高地季節の頼り

カテゴリ

最近のブログ記事

過去の記事

検索

新着情報を受信する

RSS 2.0

ライスワイン

本日は、2016年3月21日月曜日です。

 

2016年レストランサービスを担当する、柳信幸です。

 

皆様方の上高地での休日が、

 

より楽しいものになりますように、

 

お役にたつ情報をお伝えしています。

 

部屋から

お部屋310号室より撮影 2015/11/10

 

 

今日は、日本酒についてお話します。

 

フランス料理と日本酒は合うのか?

 

結論を申し上げます。

 

「合います」


 

なぜ、日本酒が嫌いな人が多いのか。

 

戦争直後の日本で、米が不足していた時、

 

少ない米にいろいろな混ぜ物を加えて、

 

日本酒のような味がする日本酒もどきが誕生しました。

 

それを、日本酒と販売することを日本政府が許したのです。

 

理由は、酒税を取るため。

 

その混ぜ物とは、水あめ、グルタミン酸、醸造用アルコールなど。

 

その割合は、食べるコメもなかった時代の話なので・・・。

 

 

こんな日本酒がいまだに売られているということです。

 

「日本酒が嫌い」という皆様は、この日本酒もどきを飲んだ印象です。

 

日本人は米を主食としている人種です。

 

米で作られる日本酒が嫌いになるはずがありません。

 

大雪渓

 

安曇野の蔵元、大雪渓の春の純米酒

 

 

皆様、今日から日本酒を手に取ったら、

 

原材料を必ずご確認ください。

 

酒の材料

原材料に、米と米麹(こめこうじ)だけのお酒が本物の日本酒です。

 

ここに、醸造用アルコール、糖類、酸味料と書かれていると話は別です。

 

 

 

私が若いころ、飲み会では二日酔いが大量生産されていました。

 

日本酒もどきの酒を浴びるように飲んでいたのですから。

 

 

 

今では、本物の日本酒を楽しめるように業界が変わってきました。

 

お米だけで作られた日本酒を、「純米酒」と表現するようになっています。

 

 

ここ、信州にはとてもおいしい日本酒があると知りました。

 

 

 

この純米酒は、米のいい香りがします。

 

味はごまかせても、香りはごまかされません。

 

大きめのワイングラスに注いで、純米酒の香りをかぎましょう。

 

 

「それは、まさにライスワインです。」


 

上高地フレンチとライスワインのマリアージュを楽しみましょう。

 

 

レストラン「ラ・リヴィエール」では、

 

とっておきのライスワインをご用意して、

 

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

料飲支配人 柳 信幸

西洋料理サービス士1級

調理師 松本山雅FCサポーター

 

 

 

 

 

上高地ルミエスタホテル(旧上高地清水屋ホテル) (2016年3月21日 10:04)

カテゴリー:レストランだより

  • リピーター専用プランを見る
  • プラン一覧を見る

0263-95-2121 受付時間:9:00~17:00

メールでお問い合わせはこちら

  • 予約確認・変更
  • 予約の取消

会員登録のご案内