新着情報

2018.05.12

山・ある記

山・ある記~霞沢岳2018.05.11~

2018年5月11日霞沢岳に行ってまいりました♪

お天気雨時々ゆきだった5月10日
翌日の休みにどこの山に行くか悩んでいました。
上高地からの登山口が開通した焼岳か、
​もうひとつの候補は残雪の霞沢岳か。

​でも、この景色を眺めて、

右側が六百山、左側が霞沢岳です。

霞沢岳はルミエスタホテルの目の前にそびえたつ
2600mくらいのお山です。
でも、そこに行くには明神まで行って、
徳本峠に上がり、
そこから六百山の裏側をまわって行きます。
近くに見えて、実は遠い霞沢岳

ぐるーーーーーっと迂回するのが一般的なルートです。

人にもよると思いますが片道約6時間
往復約12時間の長丁場な山行となります(^^;

徳本峠小屋から徒歩45秒の展望台に行ってみました。

展望台にはまだたっぷり雪が残っていました。

残雪があるから、小高くなっていて、
木々のグリーンの額縁に囲まれて
穂高を眺めることができました。

夏場だともう少し低い位置になります。

残雪期のメリットですね♪

そしてここから、徳本峠から霞沢岳まで樹林帯のアップダウンを繰り返します。

ここが長いとです。。


樹林帯の雪道・・・
夏場の道の記憶をたどりながら、
道しるべの目印を探しつつ、
アップダウンを繰り返しました。

・・・割愛します!(>_<)

樹林帯を抜けて横目に穂高が見え始めました。

霞沢岳のK-1ピークというところが画面右に見え始めました。

霞沢岳のK-1ピークに到着♪

寒いのが苦手なので、防寒具をしっかり持ってきました。
稜線にでると冷たい風が吹き付けましたが、
スキーのウエアを持って行ったのでばっちりでした(^^)b

雪化粧した穂高さんを、
ばーんと目の前で見たかったんです。
​充実感いっぱいです♪

おにぎりを頬張りながらお茶をいれて
この眺めを堪能しました♪

そしてここからの眺めのもう一つのポイントは・・・

ルミエスタホテルが見えるんですー!

ヤッホー!みんなー(^^)

ここからさらに進むと霞沢岳の頂上があるのですが、、
K-1ピーク手前の雪の具合が緩く、手こずったので
先も帰りも不安のため、
今日の私の目標はここだと決めて岐路につきました。

上高地に戻ってくると、さっきまでの雪の世界がうそかのよう

爽やかな風が吹き、色鮮やかな新緑が
これまた心を満たしてくれます。

ウエストン碑前から霞沢岳をみて、

さっき、あそこにいたんだな~
と、思いふけるのも醍醐味です♪

標高の高い山はまだ雪があって行けないけれど
自分でも行けるところを目標にして
等身大で楽しんでいきたいと思います♪

冒険もしたいんですが、、安全第一ですね(^^)


帰り道、徳本峠小屋から水場まで雪渓がつながっていました。
​前に山のお父さんから教わった、安全に雪渓を滑り降りる方法で
雪遊びしながら下ることができました(^ω^)
​実はこれが今日一の楽しかったことだったりするー
フロント岡でした☆